第41回日本熱物性シンポジウムに参加しました!

M1の不動です.

10月28日から30日にかけてオンライン開催されました第41回日本熱物性シンポジウムに同じくM1の沼館と参加し,研究発表を行いました.

発表題目と発表者は以下の通りです.

「低GWP二成分混合冷媒の固液平衡特性の測定」(不動)

「示差毛管上昇法による低GWP混合冷媒R1123/R32/R1234yfの表面張力測定」(沼館)

明日から当学ではささやかながら学際が催されます.

また,研究室内では私たちの発表で学会発表がひと段落つきますので打ち上げも計画されています.

これらで今一度,英気を養い研究をはじめとした諸々に取り組んでいきたいと思います.

日本冷凍空調学会2020年度年次大会(Web開催)で研究発表を行いました

M1の中村です
9/9~9/11に行われた日本冷凍空調学会2020年度年次大会にM1中村,城島,B4三浦,大坪の4人が参加しました.
発表のタイトルと講演者は以下の通りです。

新冷媒HFO1132(E)の表面張力および三重点の測定 (M1 中村,城島)
分子動力法によるエチレンおよびHFO系冷媒の飽和密度および表面張力予測(B4 三浦)
微細レーザー加工を施したアルミ沸騰面上のR1234ze(E)沸騰伝熱特性(B4 大坪)

本来なら三重大学で行われる予定でしたが新型コロナウィルスの感染拡大に伴い通常開催からWeb開催に変更になりました.
普段とは違うZoomでの開催となり,操作方法など若干戸惑う部分もありましたが全員発表を終えることが出来ました.

三重行きたかったです.

発表者(大坪君以外)