岩崎さんが第53回空気調和・冷凍連合後援会で優秀講演賞を受賞されました。

 

 

事務の林です。

技術職員の岩崎さんが4月17日から19日にかけて開催された第53回空気調和・冷凍連合後援会で優秀講演賞を受賞されました!

タイトルは『示差毛管上昇法による新規低GWP作動媒体R1336mzz(Z)およびR1336mzz(E)の表面張力測定』です.

地球温暖化係数GWPが非常に小さく,次世代冷媒,あるいは次世代のORC作動流体として期待されているR1336の異性体,E体とZ体の表面張力を高精度に測定し,その結果を報告するものです。

受賞おめでとうございます。

日本冷凍空調学会年次大会(2019年度)で研究発表を行いました。

技術職員の岩崎です。

9/11から9/13にかけて,2019年度日本冷凍空調学会年次大会@東京海洋大学越中島キャンパスに参加しました。

発表のタイトルと講演者は以下の通りです。

「HFO系低GWP純冷媒の表面張力測定結果と相関式の評価」岩崎(技術職員)

LISS沸騰面を用いるR1234ze(E)ループ型サーモサイフォンの高性能化 -可視化結果と伝熱特性の比較-」松田(B4)

松田君は初めての学会発表でしたが,しっかりと準備をして堂々と発表していました。お疲れ様でした。

他のB4も来月の学会発表に向けて準備を頑張りましょう。

近藤先生,もんじゃご馳走様でした。

International Congress of Refrigeration 2019で研究発表を行いました.

 

8月27から30日にかけて,カナダ モントリオールで開催されたICR2019へ参加しました.

現在フランスのParis Mines Techの皆さんと共同で執筆した,低GWP冷媒の表面張力に関わる発表を行いました.久しぶりに会う研究仲間の皆さんととても有意義な意見交換を行う事が出来ました.

写真はモントリオール市内です.非常に美しく,過ごしやすい気候の場所でした.

岩崎さんが第53回空気調和・冷凍連合講演会で研究発表を行いました.タイトルは『示差毛管上昇法による新規低GWP作動媒体R1336mzz(Z)およびR1336mzz(E)の表面張力測定』です.

技術職員の岩崎さんが4月17日から19日にかけて開催された,第53回空気調和・冷凍連合講演会で研究発表を行いました.タイトルは『示差毛管上昇法による新規低GWP作動媒体R1336mzz(Z)およびR1336mzz(E)の表面張力測定』です.地球温暖化係数GWPが非常に小さく,次世代冷媒,あるいは次世代のORC作動流体として期待されているR1336の異性体,E体とZ体の表面張力を高精度に測定し,その結果を報告するものです.素晴らしいご発表でした.大変お疲れさまでした.

M1 中尾君が熱工学コンファレンスで研究発表を行いました.タイトルは『フィン加工およびレーザー表面改質を施したアルミ製沸騰伝熱面』です.

グリーンシステム創成科学専攻1年の中尾了君が 10月20から21日にかけて,富山県で開催された熱工学コンファレンス2018へ参加し,研究発表を行いました.研究内容は高性能アルミ製沸騰伝熱面の創製に関するもので,半導体冷却に応用できると期待されています.写真は,美味しかったと評判の白えび丼(左)と,富山城(右)です. 中尾君,大変お疲れさまでした.

    

 

 

 

HFO Conference で次世代冷媒R1123とR1224yd(Z)に関する2件の研究発表を行いました.

イギリス,バーミンガムで開催された 1st IIR International Conference on the Application of HFO Refrigerants で,次世代冷媒R1123とR1224yd(Z)に関する2件の研究発表を行いました.

題目は“Surface Tension Measurement for Low GWP refrigerants HFO-1123 and HCFO-1224yd(Z)”と,“Evaporation heat transfer of HFC-32/HFO-1123 (60/40 mass%) flow in a horizontal microfin tube”です.

 

(左)学会会場              (右)付近の歴史ある運河

17th International Refrigeration and Air Conditioning Conference at Purdue にて2件の研究発表を行いました.

7/9から12にかけて アメリカインディアナ州 パデュー大学で開催された国際学会にて2件の研究発表を行いました.タイトルは“Heat Transfer and Pressure Drop of R1123/R32 Flow in Horizontal Microfin Tubes During Condensation and Evaporation” と“Surface Tension Measurement of Low GWP Refrigerant Mixture HFO-1123/HFC-32 and HFO-1234ze(E)/HFC-32”です.写真はラファイエットの風景とランチに出た P(パデュー)バーガーです.

 

 

 

 

国際会議ACRA2018で2件の研究発表を行いました

 

6月11日から13日まで 札幌コンベンションセンターにて開催された the 9th Asian Conference on Refrigeration and Air Conditioning ACRA2018 にて研究発表を行いました.タイトルは“Surface tension measurement of low GWP refrigerant mixture HFO-1123/HFC-32”と”Enhancement of R1234ze(E) Boiling on Copper Surfaces Modified by Laser Interference Surface Structuring”の2件です.

(XiaoXiao, special thanks for the picture!)

      

中尾君が学会発表を行いました.タイトルは”レーザー表面改質を用いたアルミ製伝熱面のR1234ze(E)沸騰促進”です.

B4の中尾君が,”レーザー表面改質を用いたアルミ製伝熱面のR1234ze(E)沸騰促進” について,日本冷凍空調学会年次大会で研究発表を行いました.とても大きな会場だったので緊張していたようでした.大先生方からの質問に,答えようと一生懸命頑張ってくれました.(いつもの,上から目線な態度は出なかったので,ホットしました...) これからもっと理解を深めて,専門家との情報交換を活かせるように成長して下さい.

  

近藤准教授がTPTPR2017で研究発表を行いました.タイトルは”Surface Tension Measurement of Low GWP Refrigerants”です.

韓国ソウル,Seoul National Universityにおいて4月23日から26日に開催された国際学会「5th IIR International Conference on Thermophysical Properties and Transfer Processes of Refrigerants 」へ参加し,新規低GWP混合冷媒の表面張力測定結果に関する研究発表を行いました.お天気にも恵まれ,とても楽しい学会となりました.久しぶりにお会いしたイタリアの研究チームの皆さんや,先々月お越しいただいたHrnjak先生ともお会いでき,親交を深めることが出来ましたし,新しい研究協力者も増えそうです.写真はお昼休みに会場の中庭で撮影したものです.つつじが満開でした.